矯正歯科

矯正歯科

3種類のマウスピース矯正に対応

矯正歯科治療を提案する理由

矯正歯科治療を提案する理由

矯正歯科は「気になる見た目の歯並びを綺麗にしたい」という、審美的な目的の方が多いと思います。もちろんその要素もすごく大事ですが、当院が矯正歯科を提案する一番の理由は「健康な歯を残すため」です。

歯並びが悪いとメンテナンス(歯磨きやフロスなど)が正しく行えず、歯周病・むし歯のリスクが高まります。また歯周病の再生療法を行う上でも、骨や歯根膜が再生しやすい環境下(正しい歯並び)でないと行えません。

患者さんの天然の歯を守るためにも、当院では必要に応じて矯正歯科を提案いたします。

当院で行う矯正歯科の種類

当院では3種類のマウスピース矯正と、ワイヤーによる矯正歯科に対応しています。患者さんの歯並びに合わせて治療法を提案します。

インビザライン

インビザライン

世界シェアNo.1のインビザラインによるマウスピース矯正治療であり、ほぼ全ての症例に対応(12歳以上の方)できます。インビザラインは世界で1,000万人以上の実績があるので、最も信頼できると言えます。
透明マウスピースを1日20時間以上装着していただきますが、ご自身で着脱が可能です。金属を使用しないので、治療中の見た目が気になる方におすすめです。(人と会う時だけ取り外すことも可能です

インビザラインGO

前述のインビザラインはほぼ全ての歯並びに対応できますが、インビザラインGOの適用は前歯部のみです。
前歯に特化しているので、審美面でも好評です。インビザラインより費用は安く抑えられます。

クリアコレクト

クリアコレクト

当院で採用しているインプラントメーカーである、ストローマン社のマウスピース矯正です。アメリカでのシェア率はNo.2です。
こちらもほぼ全ての症例に対応できますので、患者さんの歯並びに応じて採用することもあります。

ワイヤー矯正

ワイヤーだけで矯正治療を行うことはありませんが、一部の症例によってはマウスピース矯正と併用して行うことがあります。

デジタルスキャン・シミュレーションシステム

当院では3Dデジタルスキャンとシミュレーションが行える機器、iTeroを導入しています。

これまでは印象材で歯形を採取し、メーカーに宅急便で送付。その後、治療計画に合わせたマウスピースが届くという流れでした。しかしiTeroであればその場でデータを送付できますので、治療開始時期を大幅に短縮できます。

不快感のない型取り

型取りを行う際、これまでは印象材(粘土)で行っていました。この印象材が苦手な方も多く、嘔吐反射がある方も少なくありません。
デジタルスキャナーの場合、光を当てるだけで型取りが行えますので、このような不快感はありません。また印象材のように、苦しい状態で硬化するまで待ち続ける必要もありません。

確実な結果にこだわるデジタルスキャン

当たり前ですが、現在の歯並びにフィットしないマウスピースで治療を行っても、ベストな結果は出せません。
従来の印象材では、型取りした模型を元にマウスピースを作成していたため、変形によるズレが少なからずありました。デジタルスキャンであれば、このようなズレが起こらず、精度の高いマウスピースの作成が可能です。

治療前に歯の移動シミュレーションが見れる

iTeroでは、歯がどのように動いていくかのシミュレーションが行えます。これによって治療前に矯正治療後の歯並びを確認できます。
矯正治療を迷われている方も、最終形態の歯並びを事前に確認できることで、ご安心いただけます。

矯正歯科の費用

矯正歯科 価格(税別)
全顎矯正 ¥800,000
部分矯正 ¥400,000