予防処置(メンテナンス)

予防処置(メンテナンス)

すべては、健康な歯を残すために

メンテナンスの重要性

歯を残すために重要なキーワードは「メンテナンス」です。
これは全身の病気と同じく、予防に取り組むことで疾患を未然に防ぎ、歯を残すことができます。

メンテナンスには2種類あり、「ご自身で行うセルフケア」「歯科医院で行うプロフェッショナルケア」です。健康な歯を残す上で、どちらも欠かせません。

「担当制」の歯科衛生士

担当制」の歯科衛生士
担当制」の歯科衛生士

当院では歯科衛生士の「担当制」を採用しています。患者さんのメンテナンスは毎回同じ歯科衛生士が担当します。
歯科衛生士担当制であるため、毎回カルテを見直して同じことを聞いたり、説明することがありません。また患者さんの磨き残しが多い箇所・食生活・生活スタイルを把握できるため、的確なアドバイスが可能となります。
治療の担当は歯科医師ですが、歯科衛生士は入口(検査)から出口(メンテナンス)までトータルでかかわる重要なポジションです。

一人の歯科衛生士が責任を持って患者さんのお口の中を把握し、一緒に改善するために尽力します。

定期検査

定期検査

むし歯の有無、歯周病の進行度合い、噛み合わせなどを定期的にチェックいたします。
また肉眼では確認できない「歯や歯肉の内部・骨・血管」などはレントゲンやCT、マイクロスコープを使って確認します。

当院の検査・診断について

セルフケア

セルフケア

ご自宅での日々の歯磨き・フロス(糸ようじ)・歯間ブラシが主なセルフケアです。食べかすなどの歯垢を日々しっかり落とさないと、これらは数日で歯石となってしまい、ご自身で落とすことが困難となります。

当院では担当の歯科衛生士が歯磨きの指導を行います。長くお付き合いすることで、患者さんの歯並び・癖・磨き残しが多い部分を、担当衛生士が把握した上でアドバイスします。また普段使用するお掃除用具も、お口に合ったものを提案します。

プロフェッショナルケア

プロフェッショナルケア

ご自身では落とせない歯石や汚れを、定期的に歯科医院で落とすことが歯を守ることにつながります。

プロフェッショナルケアにもさまざまな内容があり、患者さんの口腔内に合わせて担当の歯科衛生士が提案します。

スケーリング

スケーラーと呼ばれる器具で、歯に付着した歯石を除去します。
超音波スケーラーでは、器具の先端のチップがお水と共に振動(毎秒6,000~30,000回転)しながら歯石を除去します。また超音波スケーラーで取れない歯石はハンドスケーラーで除去します。

ルートプレーニング

スケーリングで歯石を除去した後、歯ぐきの中に溜まった歯石を除去します。これをルートプレーニングといいます。スケーリングとルートプレーニングを合わせた治療をSRPといい、主に中等度まで歯周病が進行した方への治療です。
また歯石だけではなく、歯周病菌に汚染された歯根表面を平滑にし、歯周ポケットも改善します。

クリーニング(PMTC)

プロフェッショナルクリーニングと言い、歯科衛生士が専用機器で歯の着色(茶渋や煙草のヤニ等)・汚れなどを除去し、表面を磨きます。クリーニングはむし歯や歯周病の予防、歯を綺麗にする、口臭を防ぐ、歯を強くするなどさまざまなメリットがあります。

当院では保険範囲内で行うクリーニングと、エアフローによるクリーニングの2種類を用意しています。1回の通院で頑固な汚れ・着色を落とし、むし歯・歯周病を予防したい方はエアフローがおすすめです。

エアフローについて

フッ素塗布

歯磨き粉に入っていることでお馴染みのフッ素。フッ素には歯質を強くし、むし歯を予防する効果があります。またむし歯菌が作る酸の生成を抑えられるので、小さいなむし歯の進行を止める働きも期待できます。
当院では子供はもちろん、大人の方にも定期的にフッ素を歯に塗布し、むし歯予防に努めています。